医師・スタッフ紹介

院長の紹介

院長院長 安西 兼丈(医学博士)
Tomohiro Anzai|M.D.,Ph.D.

【メッセージ】

熱い医療を志しています。
患者様のことを第一に考え、自分ができる最高の医療を提供することを心がけています。患者様が安心されるまで、誠心誠意対応させていただきます。また、常に最新の医療情報を患者様に提供できるように、自己研鑽をしております。

生まれ育った地元で地域のみなさまに「この先生に診てもらえてよかった」と思われる医療を心がけたいと思います。

【専門分野】

一般内科、循環器内科、心臓血管外科(下肢静脈瘤、バスキュラーアクセス)、
美容皮膚科、抗加齢医学、救命救急、血管内治療、外傷治療、災害医療

【資格(所属学会等)】

所属学会:日本内科学会、日本総合診療医学会、日本循環器学会、日本救急医学会、日本美容皮膚科学会、日本形成外科学会、日本集中治療学会、日本心臓血管外科学会、日本脈管学会、日本血管外科学会、日本内視鏡学会、日本外科学会、日本プライマリー医学会、日本透析学会、国際医療ボランティア団体所属 (JICA, AMDA, MSF-Japan)

  • 慶應義塾大学大学院  医学博士
  • 感染症制御医(インフェクションコントロールドクター)
  • 厚生労働省認定臨床教育指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 身体障害者心臓機能障害者指定医
  • 難病指定医
  • 日本外科学会 日本外科学会専門医
  • 日本心臓血管外科学会 心臓血管外科専門医
  • 日本血管外科学会血管内治療認定医
  • 日本脈管学会 脈管専門医
  • 日本抗加齢学会 抗加齢医学会専門医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術実施医 指導医
  • 腹部ステントグラフト実地医 指導医
  • マンモグラフィー読影認定医
  • サーマクール認定医、エピペン認定医
  • 多汗症ボトックス講習修了、眉間シワボトックス講習、顔面痙攣/痙性斜頸ボトックス講習修了
  • JATECプロバイダー
  • ICLSプロバイダー
  • ACLSプロバイダー
  • PALSプロバイダー
  • ATOM (Advanced Trauma Operative Management)外傷外科トレーニングコースプロバイダー)

略歴

1998年に医師免許(埼玉医科大学卒業)を取得後、みなとみらいにあるけいゆう病院の臨床研修医として研鑽しました。
その後、慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程へ進学。慶應義塾大学医学部 外科学教室心臓血管外科に入局。

2004年慶應義塾大学大学院 医学研究科 博士課程 単位取得退学。

2007年慶應義塾大学にて医学博士の学位授与。大学にてチーフレジデントを務め、ベストチーフアワードを受賞。その後医学部助教として勤務。スタッフとして二年間後輩の育成に携わったのち、足利赤十字病院心臓血管外科で修練を積みました。

2007年米国クリーブランドクリニックへ留学し、人工心臓の研究や血管内治療の研究に従事し、多くの価値観を学びました。帰国の際、かねてから国際協力ボランティアに興味があり医局を退局し、国際医療活動を始めました。

2008年より抗加齢医学専門医となり、動脈硬化の予防、見た目のアンチエイジングなど予防医学を学んでおります。
2008年戸塚共立第一病院 救急部 総合診療科, ICU医長として属し、戸塚区の救急医療を担っておりました。
2010年4月より、戸塚共立第二病院 救急部長、心臓血管外科に属しお断りのない救急医療を実践しておりました。また心臓手術や血管外科手術、血管内治療の多くを手がけ研鑽いたしました。
2015年4月より横浜戸塚下肢静脈瘤センター、センター長を兼任しました。

医師としての活動

心臓血管外科の専門医資格を有するなど外科領域を得意とするが、それだけでなく内科領域も手掛けるなど総合的な診療能力を持っております。
これまでに「国境なき医師団」や「ジャパンハート」といった団体活動に参画し、2008年にサイクロン被害を受けたミャンマーで、また2009年にはナイジェリアにおける医療提供体制の整っていない地域での医療支援活動を行い、また2011年には、医療法人横浜柏堤会のボランティア団体として、東日本大震災の際に、岩手県山田町でボランティア活動を行いました。
その後、2012年、国境なき医師団として、紛争にて、それまで発展していた医療崩壊が起こり、血管技術移転のために、イラクでの医療活動を行いました。
2014年には、国境なき医師団として、タリバンの紛争などみられたパキスタンにて、銃創、爆弾による外傷外科治療など行いました。最近では、2015年に紛争で緊迫していたイエメンで、外科医として災害医療に従事してきました。
 また、現在スクールキャラバンをボランティアで行っており、子供達に救急処置方法や救命処置方法を学んで欲しいと思い、私たちが、小学校や中学校へ訪問し、インタラクティブな講演会やワークショップなどの普及活動を行っております。 ご希望の学校関係者の方は、ご連絡ください。

副院長の紹介

副院長副院長 田野 敦子
Nobuko Tano M.D.

下肢静脈瘤でお悩みの患者様に気軽に受診して欲しいと思います。「もう、足をだすことないから…」「もう年だから…」「症状もないし、もう、見た目は気にしないから…」と悩んでいらっしゃる患者様に治療のアドバイスができればと考えております。

毛細血管がきになる方、外照射レーザーを使用して徐々に血管を薄くしていくことが可能です。

お肌は私たちにとって身近であり、そして他人から最も見られやすい体の部分でもあります。そこに悩みやトラブルがあった時、人によっては気分が落ち込んだり、自信を失ったりする原因にもなります。
その様な時に私たちは皆さまと一緒に考え、悩みやトラブルを解決していく手助けをしたいと考えています。
最終的に、皆さまの心の負担が減り、日常生活を楽しい気分で自信を持って過ごしていただけることを目標としていきたいと考えております。

院長から見た田野先生

いつも明るく、患者さん思いで親身になってくれるドクターですね。
女性ならではの視線で、相談に乗ってくれます。また、男性的な考え方もできる多様性のあるナイスなdoctorです。
様々なことにアンテナを張って過ごしているアクティビティーの高さは、尊敬しますね。

【専門分野】

下肢静脈瘤血管内レーザー治療、血管内治療、
美容皮膚科、抗加齢医学(アンチエイジング)

  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術実施医 
  • サーマクール認定医、エピペン認定医
  • 多汗症ボトックス講習修了、眉間シワボトックス講習
  • アラガンヒアルロン酸ボリューマ講習修了

経歴

平成13年  鳥取大学医学部 卒業
平成13年 鳥取大学医学部 卒業
平成13年 慶應義塾大学病院 入局
関連病院等で外科医として勤務
平成21年   University of Cincinnati にて、Ph.D.として研究に携わる
平成23年 University of Londonにて、Ph.D.として研究に従事
平成27年  帰国後、横浜戸塚下肢静脈瘤センター勤務、フェミークリニック(美容皮膚科)勤務
平成28年 現職を兼任

スタッフ集合写真

 

Tel.0466-41-2810 WEB予約