医師・スタッフ紹介

院長の紹介

院長院長 安西 兼丈(医学博士)
Tomohiro Anzai|M.D.,Ph.D.

【メッセージ】

熱い医療を志しています。
患者様のことを第一に考え、自分ができる医療を提供することを心がけています。患者様が安心されるまで、誠心誠意対応させていただきます。また、常に新しい医療情報を患者様に提供できるように、自己研鑽をしております。

生まれ育った地元で地域のみなさまに「この先生に診てもらえてよかった」と思われる医療を心がけたいと思います。

【専門分野】

一般内科、循環器内科、心臓血管外科(下肢静脈瘤、バスキュラーアクセス)、
美容皮膚科、抗加齢医学、救命救急、血管内治療、外傷治療、災害医療

【資格(所属学会等)】

所属学会:日本内科学会、日本総合診療医学会、日本循環器学会、日本救急医学会、日本美容皮膚科学会、日本形成外科学会、日本集中治療学会、日本心臓血管外科学会、日本脈管学会、日本血管外科学会、日本内視鏡学会、日本外科学会、日本プライマリー医学会、日本透析学会、国際医療ボランティア団体所属 (JICA, AMDA, MSF-Japan)

  • 慶應義塾大学大学院  医学博士
  • 感染症制御医(インフェクションコントロールドクター)
  • 臨床研修指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 身体障害者心臓機能障害者指定医
  • 難病指定医
  • 日本外科学会 日本外科学会専門医
  • 日本心臓血管外科学会 心臓血管外科専門医(2008~2018)
  • 日本血管外科学会血管内治療認定医
  • 日本脈管学会 脈管専門医
  • 日本抗加齢学会 抗加齢医学会専門医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術実施医 指導医
  • 腹部ステントグラフト実施医 指導医
  • マンモグラフィー読影認定医
  • エピペン講習修了
  • 多汗症ボトックス講習修了、眉間シワボトックス講習、顔面痙攣/痙性斜頸ボトックス講習修了
  • JATECプロバイダー
  • ICLSプロバイダー
  • ACLSプロバイダー
  • PALSプロバイダー
  • ATOM (Advanced Trauma Operative Management)外傷外科トレーニングコースプロバイダー)

略歴

1998年に医師免許を取得後、みなとみらいにあるけいゆう病院の臨床研修医として研鑽しました。
その後、慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程へ進学。慶應義塾大学医学部 外科学教室心臓血管外科に入局。

2004年慶應義塾大学大学院 医学研究科 博士課程 単位取得退学。

2007年慶應義塾大学にて医学博士の学位授与。大学にてチーフレジデントを務め、ベストチーフアワードを受賞。その後、医学部助教として勤務。スタッフとして二年間後輩の育成に携わったのち、足利赤十字病院心臓血管外科で修練を積みました。

2007年米国Cleveland Clinicへ留学し、多くの価値観を学びました。帰国の際、かねてから国際協力ボランティアに興味があり医局を退局し、国際医療活動を始めました。

2008年より抗加齢医学専門医となり、動脈硬化の予防医学を学んできました。また、見た目のアンチエイジングなど大手美容皮膚科(フェミークリニック)にて、8年間、非常勤医師として研鑽しておりました。
2008年戸塚共立第一病院 救急部 総合診療科, ICU医長として属し、戸塚区の救急医療を担っておりました。
2010年4月より、戸塚共立第二病院 救急部長、心臓血管外科に属し、お断りのない救急医療を実践しておりました。また心臓手術や血管外科手術、血管内治療の多くを手がけ研鑽いたしました。
2015年4月より横浜戸塚下肢静脈瘤センター、センター長を兼任しました。

医師としての活動

心臓血管外科の専門医資格を有するなど外科領域を得意とするが、それだけでなく内科領域も手掛けるなど総合的な診療能力を持っております。
これまでに「国境なき医師団」や「ジャパンハート」といった団体活動に参画し、2008年にサイクロン被害を受けたミャンマーで、また2009年にはナイジェリアにおける医療提供体制の整っていない地域での医療支援活動を行い、また2011年には、医療法人横浜柏堤会のボランティア団体として、東日本大震災の際に、岩手県山田町でボランティア活動を行いました。
その後、2012年、国境なき医師団として、紛争にて、それまで発展していた医療崩壊が起こり、血管技術移転のために、イラクでの医療活動を行いました。
2014年には、国境なき医師団として、タリバンの紛争などみられたパキスタンにて、銃創、爆弾による外傷熱傷外科治療など行いました。2015年に紛争で緊迫していたイエメンで、外科医として銃創や熱傷、外傷医療に従事してきました。また、開院してようやく、2019年に世界でもっとも新しい国:南スーダンに国境なき医師団として、助けられる患者(小児)を救う外科ミッションに参加いたしました。2020年、国境なき医師団南スーダンに2度目の外科ミッションに参加し、前回から1年後の南スーダンの成長を見届けてきました。
 また、現在スクールキャラバンをボランティアで行っており、子供達に救急処置方法や救命処置方法を学んで欲しいと思い、私たちが、小学校や中学校へ訪問し、インタラクティブな講演会やワークショップなどの普及活動を行っております。国境なき医師団では、医療活動の講演もお引き受けしております。 ご希望の学校関係者の方は、ご連絡ください。

医師の紹介

副院長 髙木 剛(医学博士)
Takeshi Takagi|M.D.,Ph.D.

院長から見た髙木先生

とにかくやさしい先生ですね。体も大きく、心も大きい素敵な先生です。苦労をしてきた先生で幅広いアドバイスをいただけそうです。
なんでも相談に乗ってくれますね。一生懸命さが溢れ出るようなdoctorです。
様々なことに興味をもち、新しいことにチャレンジする姿勢は、尊敬しますね。

【専門分野】

下肢静脈瘤血管内レーザー治療実施医、血管内治療、心臓血管外科専門医
美容皮膚科、日本医師会認定産業医、日本外科学会認定専門医、日本医師会認定スポーツ認定医

  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術実施医 
  • 多汗症ボトックス講習修了、眉間シワボトックス講習
  • アラガンヒアルロン酸ジュビダーム講習修了

経歴

平成8年

早稲田大学理工学部 中退

平成14年

平成23年

金沢大学医学部 卒業

金沢大学大学院 医学博士課程 修了

平成14年   慶應義塾大学病院 外科学教室 入局
関連病院等で外科医として勤務
平成15年 金沢大学病院 心肺 総合外科医師
平成24年  福井県立病院 心臓血管外科 医長

平成30年

令和2年

国際医療福祉大学熱海病院 心臓血管外科学 講師

湘南藤沢心臓血管クリニック副院長


医師 井上 裕子
Yuko Inoue|M.D.

院長から見た井上先生

とにかくやさしい先生ですね。印象は、Doctor-X 大門先生の様なパワフルさを備え、とても親切です。新頭針鍼治療を宮崎県で勉強され、西洋医学ばかりでなく東洋医学にも力を入れている先生です。2020年YNSA学会という山元式新頭針療法をマスターし、手足の麻痺や痺れのある方に針治療を積極的に取り入れ、西洋と東洋を混ぜ合わせたアクティブな先生です。この針治療は、日本では保険治療になっておりませんが、海外では保険治療として行われています。肩こり、痺れ、腕が上がらない方など行ってみると良いと思います。
なんでも相談に乗ってくれるとっても素敵な先生です。 一生懸命さが溢れ出るようなdoctorです。

【専門分野】

形成外科専門医、YNSA学会認定鍼灸認定医(専門医)
美容皮膚科

  • 多汗症ボトックス講習修了、眉間シワボトックス講習
  • アラガンヒアルロン酸ジュビダーム講習修了

 

医師 米花 知伸
Tomonobu BEIKA M.D.

院長から見た米花先生

優しい先生ですね。
ゆっくりと話を聞いてくれます。穏やかで地域医療が似合う先生です。なんでもご相談ください。

医師 泉田 博彬
Hiroaki IZUMIDA M.D.

院長から見た泉田先生

慶應義塾大学 心臓血管外科学教室から週一回来ていただいております。慶應義塾大学救急部で4年間救急医療に従事し心臓血管外科へ、様々な治療をこなす多彩な先生です。 冷静で合理的で、はっきりと説明してくれる先生ですね。 わらうと優しさが溢れる素敵な先生です。 なんでもご相談ください。

スタッフ集合写真

 

Tel.0466-41-2810 WEB予約