新着情報

2020.03.06

新型コロナウイルス感染症の疑いのある患者様へ

発熱、咽頭痛、だるさ症状がある方は、まずはお電話を必ずお願いします。クリニック内には入室できません。クリニックの外で診療を行います。クリニックの前に来られたら外からお電話をください。また感染拡大の恐れがある咽頭ぬぐい検査もできません。医療従事者に暴露してしまう恐れがあるためです。対処療法をさせていただき、他院で行なっている発熱外来など紹介させていただきます。その他、診療後であれば、必要があれば往診もさせていただきます。どうぞご理解ください。皆さまにとっても、大変な時ですので、どうぞご自愛くださいます様にお願いします。

藤沢市保健所帰国者・接触者相談センター

新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる場合に、診療体制の整った医療機関に確実につなぎ、市民の不安を軽減するために、「藤沢市保健所帰国者・接触者相談センター」を開設しています。

 ○電話番号 0466-50-8200  ○受付時間 午前9時から午後9時まで(土日休日を含む)

次の症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

 ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない場合を含む)

 ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

 ※高齢者や妊婦の方、基礎疾患等のある方は、上記の状態が2日程度続く場合

「帰国者・接触者相談センター」でのご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、診療体制の整った医療機関をご案内します。

上記以外の場合は、次の窓口にご相談ください。

保健予防課 0466-50-3593(平日の午前8時30分から午後5時15分まで)

2020.03.01

2020年3月18日(水) 午後休診のお知らせです。

2020年3月18日(水) は、午後休診となります。患者様には、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。 院長

2018.09.21

足の傷が治らない。下肢難治性潰瘍の治療の症例

症例 1.  80代女性。以前より、数年前から下肢浮腫が見られていました。脳梗塞の既往もあり、あまり動けず寝ている時間が長かったようです。2ヶ月前から、かゆみが強く、書いてしまうことが多く、足に傷ができて治らなくなった。近医の皮膚科にて、外用(塗り薬)などかゆみの治療、皮膚の潰瘍の治療を受けておりましたが、縮小傾向であったものの、治癒せず、廃用性浮腫、下肢静脈瘤を疑われて、潰瘍治療はじめてから3ヶ月経過して、当院へ紹介になりました。弾力性ストッキングは、ご本人履くのが困難(力がない。親指が痛い)で、処方されておらず、弾性包帯も使用していない状態でした。

初診時の下肢の所見;下腿部皮膚は、活動性潰瘍がみられており、一部不良肉芽がみられておりました。周囲の皮膚は、熱感を伴い発赤していました。湿疹は、発赤がみられており、じゅくじゅくして浸出液がでていました。

超音波検査では、大伏在静脈の逆流はありませんでした。すなわち、下肢静脈瘤から発生した傷(潰瘍)では、ないということです。廃用性浮腫で発生した、うっ滞性皮膚炎による難治性潰瘍と診断いたしました。動脈の血流は正常でした。

治療方針;難治性とのことで、細菌感染など評価する為に、創部の培養を行いました。すでに、皮膚科にて抗生剤の投与、創部の外用処置により細菌は、検出しませんでした。   力がなく弾力性ストッキングも使用できない状態でしたので、弾性包帯を使用する方針といたしました。といっても、ご本人で足に巻くことができないので、訪問看護など地域の連携にて、なるべく使用してもらう方針で行きました。創部処置は、フィブラストスプレー(創傷治癒を促進するスプレー)を使用して、圧迫療法(弾性包帯)にて経過見ておりましたが、一週間経過してもあまり改善がない為、下記の方法をおこないました。

陰圧吸引閉鎖療法(NPWT:negative pressure wound therapy) (保険治療)

これは、陰圧吸引をかけながら、細菌など様々な浸出を吸引してくれます。そして、陰圧吸引により、血管新生を促進させ、血流が不足しているところへの血管を補い傷を直しやすくする画期的な装置なのです。しかも、自宅で治療できる画期的な治療器具です。毎日、創部を洗浄する必要もなく、3日に1度来院していただき、創部を確認し、傷の治療を行っていきます。もちろんこの装置の上から、弾性包帯による圧迫療法も行うことができます。3日に一度通院していただき、フィブラストスプレーを使用し閉鎖療法、NPWTを交換します。NPWTは、一ヶ月間のみ保険算定できる装置であるため、私としても、なんとか一ヶ月で治さなければ、ならないというプレッシャーがあります。

一ヶ月後の所見です。

かなり潰瘍は、上皮化しており、周囲の炎症も改善してきております。創部の点状に赤く見えるのは、新生血管です。かなり潰瘍の盛り上がりが良好です。

 

経過3ヶ月の写真です。

今後は、弾力性ストッキングを使用して、足をいたわっていただくように説明いたしました。ご自分では、履くことが困難とのことで、訪問看護で週に2回履かせることで、経過を見てもらうようにしました。

今回は、下肢の難治性潰瘍で、皮膚科と連携がとれ、治療に結びつきました。難治性潰瘍の治療には、集学的な医療が必要です。私も自分の施設でできる限界を把握しながら、病院のフットケアチームに連携を取ることも必要と感じております。患者さんが、良いゲートキーパーである医師に巡り会うことが一番ですが、残念ながら全てが熱心な医師というわけではないので、かかりつけ医の先生と相談し良いゲートキーパーを紹介してもらうことが一番だと考えます。

当院では、再生医療第3種の申請もしており、様々な医療が気軽に受けれるように日々研鑽しております。いつでもご相談ください。

2017.09.29

非侵襲(傷がつかない)なリフトアップ治療『ウルセラリフト』

目元のたるみ、ゆるんだ頬、あご(フェイスライン)のたるみを手術や注射をせずにリフトアップできる唯一の機械『ウルセラ』を導入しました。 それに伴い、下記キャンペーンを実施いたします。この機会にウルセラリフトの施術をご検討してみませんか。

ウルセラリフトウルセラリフト

ウルセラリフト
ウルセラリフト

ウルセラリフトの詳細はこちら >

2017.08.18

YAGレーザーによる毛細血管拡張症(くもの巣状静脈瘤、網目状静脈瘤)の治療

症例2. 40代女性 17-18年前から、下肢の静脈が目立ち始めました。ここ数年特に目立ってきた。出産後から目立ってきた。時々重くだるくなるし、水泳していると、「それどうしたの?」と言われるので、見た目も気になってきた。6年前に、硬化療法をしています。硬化療法が術後の圧迫や弾性包帯にてかぶれたので硬化療法は、あまり気がすすまない。とのことで、当院へ受診となりました。

超音波検査;明らかな伏在静脈、深部静脈、交通枝に血流の逆流は、見られず、弁機能不全は見られませんでした。

初診時所見;両側下肢に毛細血管拡張あり、全体に広がっている。くもの巣状静脈瘤と網目状静脈瘤が混在しています。

治療方針;伏在静脈瘤もなく、毛細血管拡張のみであり弾力性ストッキングで保存的に経過みるのも一つの治療と説明しました。硬化療法は、術後の炎症後色素沈着が長期間(3ヶ月から半年)つづくことなど気になり、硬化療法は希望しないとのことでしたので経過観察としました。後日、美容皮膚科へ紹介しYAGレーザーの治療をする方針になりました。(この時、混合診療にならないように対応が必要でした。)

レーザー治療前

 

治療方針;くもの巣状静脈瘤(赤い毛細血管)と、網目状静脈瘤(青い血管)が目立っており、青い血管にも反応するYAGレーザー(保険外治療)にて照射する方が少ない回数で治療効果が期待できると考え、YAGレーザーを選択しました。赤い血管だけであれば、皮膚色素レーザー(Vbeam)が保険治療で照射できますが、青い血管もあり、保険治療は、3ヶ月に一度の治療であり、回数もかかるため、この患者さんには、不向きでしたので、YAGレーザーを使用して行くことが良いと判断しました。

YAGレーザー治療直後;血管に沿って、YAGレーザーを照射したところは、かなり腫脹(ミミズ腫れ)している。反応は良好でした。

術後1ヶ月半経過の写真です。かなり血管も退縮しております。一回でこれだけ効果は、かなり満足度も高い処置と言えます。色素沈着もなく経過良好でした。

2017.01.06

平成29年診察時間変更のお知らせです。

平成29年1月6日より診察時間変更をさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
診察時間:平日、土曜: AM 9:00-12:30、PM 14:00-18:00(木曜日:処置のみ、日曜日祝日 :休診 )
初診最終受付時間; 午前診療 12:00まで  午後診療 18:00まで 

2017.01.06

ホームページをリニューアルしました。

新年明けましておめでとうございます。
1月6日(金)にホームページをリニューアルいたしました。
https://www.sfc-v.com/

2016.12.28

年末年始の休診のお知らせ 平成28年12月29日(木)〜平成29年1月5日(木)まで休診

〜休診日〜

平成28年12月29日(木)〜平成29年1月5日(木)
また12月28日(水)は、内科診療受付12時まで、美容皮膚科受付17時までの診療とさせて頂きます。
※平成29年1月6日(金)より診療開始しております。診療時間変更となっておりますのでご確認ください。
Tel.0466-41-2810 WEB予約